歯科医が勧める虫歯予防の習慣

あなたの大切な歯を守るために

どんなことを心がければいいの?

突然ですが、虫歯ができる原因はご存知でしょうか?
「歯磨きをサボるから」、「甘いものをたくさん食べるから」など、いくつか思いつくかと思います。
もちろん、前述のような理由で虫歯になってしまった方もいるでしょう。

ですが実は、歯を磨いていても虫歯になってしまう人がいるのです。
ここでは、歯を磨いていても虫歯ができてしまう3つの要因について説明します。

まず1つ目に、歯磨きの習慣についてです。
丁寧に磨くことはもちろん大切なのですが、歯と歯の隙間や奥歯のきわには、歯ブラシだけでは取り除きにくい歯垢や食べかすが溜まりやすく、虫歯ができてしまうことも。そのため、歯間ブラシを用いて、歯と歯の隙間をしっかりケアしましょう。

二つ目に、体質の問題が挙げられます。
唾液の量や口内にいる虫歯菌の種類、また歯の丈夫さも人それぞれです。
特に唾液は食後酸性に傾きやすい口内を中和したり、口内の菌を殺菌する作用があるため、口が渇きやすい人などは虫歯の注意を心掛ける必要があります。
更に歯並びが悪かったり、歯のサイズが均一でない場合も、歯が重なってできた隙間や歯間に歯垢が堪りやすくなり、そこから虫歯ができてしまうことがあります。

最後に、食生活について考えられます。
口内にはたくさんの細菌が存在しますが、中でも虫歯菌の代表であるミュータンスレンサ球菌は糖を餌にして活発になり、酸を吐き出します。その酸で歯が溶けることが虫歯の原因なのです。
ですので間食が多い方や甘いものを頻繁に口にすれば、ミュータンスレンサ球菌はそれだけ活動しやすくなり、虫歯のリスクも高まると考えられるでしょう。

虫歯をつくってしまう原因は、予想以上にたくさん転がっています。
本サイトでは虫歯の予防に有効な習慣や、効果的なオーラルケアグッズについて紹介していますので、ぜひ参考にしていただき、虫歯をつくらないように心がけましょう!

TOPへ